出版請負人が書籍を出版する方法を教えます!

無名の経営者を出版で成功させるブログです。経営者の夢を叶える社長出版請負人が出版で普通の経営者が成功経営者に変わる!

出版コンサルティングならケイズパートナーズ 出版コンサルティング@Google+ページ 出版コンサルタント@Twitter 商業出版の原稿募集をしている出版社
06/21のツイートまとめ
shuppanproduce

出版社の編集者に企画書を読んでもらう時に、「あなただから、あなたにしか書けないこと」を伝えることが重要となります。その上で、「どこが凄いのか」「何が面白いのか」が読み取れれば、その企画に興味を持ってもらうことができるでしょう。 http://t.co/gnIoPAcTrx
06-21 22:00

出版を目指すのであれば、出版社の編集者との接点を持つのが一番の近道です。正面から正攻法で企画を売り込むのは茨の道ですし、編集者が参加される出版記念パーティーに参加するにも地方にいるとなかなか…。 http://t.co/EXxCK6AiIe
06-21 19:06

著者名が何故重要かというと、書店でも、その著者の著作物が売れたかどうかで、平積みにするか、棚差しにするか、返本するか判断することがあります。つまり、売れない本を書いた著者は、「売れない著者」という烙印を押されるのです。 http://t.co/sPGt8WDeV3
06-21 19:06

ビジネス書での出版を目指す場合、“企画”が先か、“文章力”が先かろいう話がよく話題になります。そここでいう“企画”とは、ネタ、テーマ、切り口…このような単語にも言い換えられます。この“企画”が先か、“文章力”が先かという話しです。 http://t.co/RdLYb05Skm
06-21 19:06

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/06/22(土) 03:40:47|
  2. 今日のノウハウ




<<06/24のツイートまとめ | ホーム | 06/20のツイートまとめ>>