出版請負人が書籍を出版する方法を教えます!

無名の経営者を出版で成功させるブログです。経営者の夢を叶える社長出版請負人が出版で普通の経営者が成功経営者に変わる!

出版コンサルティングならケイズパートナーズ 出版コンサルティング@Google+ページ 出版コンサルタント@Twitter 商業出版の原稿募集をしている出版社
07/23のツイートまとめ
shuppanproduce

八重洲ブックセンターで開催した中嶋茂夫さんの無料セミナーは大盛況でした http://bit.ly/8Zt98b
07-23 17:55

著者としての“姿勢”に熱いものを感じなければ、その著者の本がどんなに売れようと、二度と一緒に仕事をしないと決めています。出版を決めるまで苦労や本を作り上げる過程での苦労を考えたら、正直、「なめられてるのか?」と思いますからね。
07-23 11:18

大切なのは、出版社に「ここまでやってダメなら、残念だけど仕方ないよね」と言わせるだけの著者としての“姿勢”です。
07-23 11:16

よく、「寝ないで頑張りました!」とアピールされる著者さんがいらっしゃいますが、出版は学生の部活ではありません。出版といえどもビジネスなので、そこに“頑張り”とか、“努力”とかは、どうでもいいですよね。
07-23 11:15

出版では必ず“結果”は求められますが、出た結果が全てです。売れようが、売れていなかろうが、それを受け入れるしかありません。
07-23 11:14

売れなかった本の責任は、著者だけの責任ではありません。出版に踏み切った以上、その判断に過失が生じます。読み違えた責任、騙された責任のようなものもありますよね。
07-23 11:12

売れない本は、何をやっても売れません。そんな時は、“仕方ない”と諦めるしかありませんね。もちろん、やるべきことをやった上での話しです。
07-23 11:10

出版したくて、自ら企画を売り込みをし、結果、出版が決まった場合、求められるのは“結果”です。出版社も商売ですし、当たり前ですね。
07-23 11:08

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/07/24(土) 00:00:00|
  2. 今日のノウハウ




<<07/24のツイートまとめ | ホーム | 07/22のツイートまとめ>>