出版請負人が書籍を出版する方法を教えます!

無名の経営者を出版で成功させるブログです。経営者の夢を叶える社長出版請負人が出版で普通の経営者が成功経営者に変わる!

出版コンサルティングならケイズパートナーズ 出版コンサルティング@Google+ページ 出版コンサルタント@Twitter 商業出版の原稿募集をしている出版社
09/03のツイートまとめ
shuppanproduce

企画で断られる場合は、ネタか切り口に市場性がないという場合です。このどちらかがダメだった場合、まず企画は通りません。当たり前ですね。
09-03 23:15

著者の人柄や編集者との相性といった担当編集者の主観で断られることも少なくありません。基本的に普通にしていれば、問題にならないのですが、この“普通”というのが意外に難しいようです。
09-03 22:15

団塊ジュニア世代の会は第3回は大人な感じで… http://bit.ly/bnotmj
09-03 18:19

著者で断られるほとんどの場合が、その企画を書くに値する著者でないということです。実力をつけるか、著者プロフィールを書き直すかでクリアできます。
09-03 18:15

中嶋茂夫さんの『パワーブロガーになって夢を叶える方法』の6刷が決まりました! http://bit.ly/9qCseF
09-03 15:47

タイミングが理由でボツになった企画書は、半年後、1年後に決まる場合がありますので、その時期が来るまでじっと待ってみましょう。
09-03 13:15

出版社に企画を売り込んだ時に、断られるのは次の4つの理由しかありません。
09-03 12:15

どんなに著者が良くても、企画が素晴らしくても、企画が決まらない場合があります。そのほとんどが、タイミングの問題といっても過言ではありません。
09-03 10:15

他にも印税率や初版部数、書籍の仕様(版型、色、ページ数)など、いろいろ条件はあります。よりカッコいい本として出したい気持ちは分かりますが、本も商品なので、商品設計というものがあり、それで採算が合わなければ、出版は決まりません。
09-03 08:15

編集者との面談で、偉そうであったり、高圧的であったり、いい加減ぽかったり、挙動不審だったり、依存度が高かったり…これから一緒に仕事しようとしているのですから、安心して仕事ができるようにしてれば、問題ないんですけどね。
09-03 06:16

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/09/04(土) 00:00:00|
  2. 今日のノウハウ




<<09/06のツイートまとめ | ホーム | 09/02のツイートまとめ>>