出版請負人が書籍を出版する方法を教えます!

無名の経営者を出版で成功させるブログです。経営者の夢を叶える社長出版請負人が出版で普通の経営者が成功経営者に変わる!

出版コンサルティングならケイズパートナーズ 出版コンサルティング@Google+ページ 出版コンサルタント@Twitter 商業出版の原稿募集をしている出版社
08/30のツイートまとめ
shuppanproduce

文章が冗長になってしまったり横道に逸れたする文章を書いてしまう人は、原稿を書く前に「本の設計図」=台割りを作るようにしてください。本の全体像がイメージできて、話しの流れが見えてきます。http://t.co/62sIDOd5ko
08-30 22:17

書きたいことが見つかったら、企画書にして出版社や編集プロダクションに売り込んだり、知り合いに紹介しましょう。もし、そういうツテが無いのであれば、サイトやブログにまとめたり、メルマガを発行してください。 http://t.co/uzRfWBBnwM
08-30 17:09

スポンサーサイト
  1. 2013/08/31(土) 03:41:26|
  2. 今日のノウハウ

08/29のツイートまとめ
shuppanproduce

かつて、書籍は黙っていてもある程度売れたため、利益を出す著者や企画は、出版社にとって財産となり、著者が力を持つ時代が続きました。しかし、出版不況で力関係は逆転します。 http://t.co/9RlfFrZ3dI
08-29 22:21

意外にも需要があるネタはあちこちに転がっているのです。あとは、そのネタを強みにしていることでブランディングします。そのためにも、いち早くそのネタについての専門家としてブログなどでアピールしてください。 http://t.co/nPQELfvkrK
08-29 17:11

  1. 2013/08/30(金) 03:38:03|
  2. 今日のノウハウ

08/28のツイートまとめ
shuppanproduce

売れない本の著者と同姓同名だった場合、著者名は変えましょう。出版社の方とは直接お話しができますので、誤解を解くことはできますが、書店ではその判断がつかないため、同一人物と見なされる場合が多いからです。 http://t.co/sPGt8WDeV3
08-28 22:30

出版社は、いつでも面白そうな企画、売れそうな企画を探しています。つまり、素人が考えた売れるかどうかもわからない企画や自己満足の企画は探しておりませんし、そもそも素人が考えた企画自体を募集しておりません。 http://t.co/dYq7csrY0q
08-28 17:11

第37回 団塊ジュニア世代の会は関西テイストでした~ http://t.co/1WM6uSZbx0
08-28 12:50

  1. 2013/08/29(木) 03:48:54|
  2. 今日のノウハウ

08/27のツイートまとめ
shuppanproduce

「本にしたら売れそう」ということは大前提ですが、いかに露出しているかがポイントです。もし、出版を目指しているのであれば、そのことを考慮して、まずは自分を露出して、目立つことを考えてみてはいかがでしょうか?http://t.co/rjAjrzaMBN
08-27 22:19

著者を目指す以上、間違いなく必要なのは“企画”です。「企画書で見たのより、面白くない」という理由でボツになった事例はあっても、「文章力が無い」という理由でボツになった事例は一件もありません。 http://t.co/RdLYb05Skm
08-27 17:11

  1. 2013/08/28(水) 03:38:05|
  2. 今日のノウハウ

08/26のツイートまとめ
shuppanproduce

出版テーマを決める際、自分の持っているノウハウに対してどれくらい需要があるか調べしょう。似たような本を探して、その本の売れ行きなどを見ましょう。売れていれば、需要があるということになります。 http://t.co/MIBpgqsSpR
08-26 17:11

田渕隆茂さんの『儲かるアメブロ 改訂版』の増刷が決まりました! http://t.co/QJBHzl7jLL
08-26 14:55

  1. 2013/08/27(火) 03:41:30|
  2. 今日のノウハウ




| ホーム | 次のページ